診療案内

沼津市の歯医者 はせがわ歯科 歯周病 審美歯科 インプラント

沼津市で歯医者ははせがわ歯科へお任せください

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |




〒410-0032              
静岡県沼津市三枚橋日の出町383−8
☎ 055-923-8100

歯周病治療

歯周病とは歯と歯ぐきの隙間から細菌(原因菌)が入り込み歯を支えている歯ぐきや骨、歯根膜などの歯周組織を壊していく病気です。その進行状況により歯ぐきの発赤・腫れ・出血、口臭、歯のぐらつきなど様々な症状が現れます。しかし、自覚症状が少ないため、本人が気づく頃にはかなり重症になっているという危険な疾患です。
厚生省の調査によると、成人の80%以上は歯周炎の症状を訴えており歯を失う最大の原因が歯周病といわれています。


menu02_img03.jpg

直接の原因は細菌ですが、悪化させる要因として以下の5つの要素が挙げられます。



歯垢が口の中に残っていると、歯肉の炎症を引き起こす原因になります。



歯が擦り合って歯の根を揺り動かすと、歯周病の悪化の原因になります。また、歯を食いしばるクセがある人も要注意です。歯肉などの歯周組織に与えるダメージは想像以上です。



睡眠不足やストレスは免疫力の低下により歯肉に悪影響を及ぼします。すでに炎症がある場合は、悪化する可能性が高くなります。



糖尿病は体の抵抗力を弱めるため、歯周病の回復を遅らせる原因になります。糖尿病に限らず、人工透析をしている場合なども歯周病を進行させる要素になることがあります。



喫煙は血管を収縮させて、歯肉の血行不良を引き起こします。歯肉の炎症はかるくても、歯周病菌に対する抵抗力が下がり、歯周病の悪化を招きます。



2.jpeg3.jpeg

初期の自覚症状に乏しく、知らぬ間に進行していく歯周病。異変に気づいたときには、すでに重症化している場合がほとんどです。以下では、進行状態ごとの症状をご説明します。



DSC_0075.JPG

歯肉に炎症が起きている状態で、歯肉が腫れてくる。歯と歯肉の間に歯周ポケットができ、プラークが溜まりやすくなる。この段階であれば、適切なブラッシングで治すことも可能。



4.jpg

炎症が悪化して内部に広がり、歯周ポケットの深さが3mmほどになる。この段階になると、歯を支える顎の骨が溶かされていく。適切なブラッシングをして、早めに歯周病治療を受けることが必要。



DSC_0167.JPG

歯周ポケットが4~6mmほどになる。顎の骨はさらに溶かされ、歯がグラグラしてくる。歯周病治療のほかに、投薬による内科的処置が必要になることがある。



2.jpg

歯周ポケットが7mm以上になり、顎の骨が半分以上溶かされた状態。歯の付け根がむき出しになり、やがて歯が抜けてしまう。処置方法として、外科手術による再生療法などがあるが、歯を失ってしまった場合は、入れ歯やインプラントで歯の機能を補うことになる。






スケーラーという器具を用いて、プラークや歯石を除去します。施術後は、歯の間に隙間を感じたり、歯が長くなったように見えることがありますが、歯石が除去できた証拠ですのでご安心ください。



歯茎の深い所の歯石を除去し、歯根の表面を滑沢にすること。



歯の表面のブラッシング、デンタルフロスなどによる歯間ブラッシング、抗生物質の服用などで歯や歯茎にプラークがつかないようにコントロールしていきます。



グラグラになった歯と他の歯を連結することで、歯を固定させる治療法です。グラグラになった歯の神経を除去し、症状に応じた処置を施したうえで補綴物によって歯と歯をつなぎ合わせます。



溶かされてデコボコになった顎の骨を切除する治療法です。歯茎を切開し、歯周ポケット内のプラークなどをきれいに取り除きます。その後、顎の骨のデコボコを切除して平らにし、補綴物を取りつけます。



顎の骨が溶かされ、歯周ポケットが深い場合に採用する治療法です。歯茎を切開して、露出した歯根にこびりついた歯石などを除去します。

一般歯科

主に虫歯や歯周病などの治療を行います。十分なカウンセリングの後、治療方針を丁寧にご説明いたします。 痛みの少ない治療を心がけていますので、異変を感じましたら早めの受診をおすすめしています。


a01-p01.gif

ほとんどの方が「歯が痛くないからまだ歯医者に行かなくても大丈夫」と思っていらっしゃいます。 しかし、痛みを感じるまで放っておくと、神経を取らなければならなかったり、歯を抜くことになってしまいます。歯や神経を抜くことなく、一生自分の歯を健康に保つためには、お口の中に不具合を感じたら、早めに相談をして、適切な治療・処置を行うことが大切なのです。



できるだけ低侵襲で、患者様に負担の少ない治療を心がけています。
虫歯治療では 細菌感染して軟化してしまった歯質は特殊な液で感染部のみを染色し、細心の注意を払いできるだけ健全歯質を削らずに残して、極力歯髄(いわゆる神経)を温存することを心がけています。

小児歯科

歯の健康は、お子様の健やかな成長のために欠かせません。当院では虫歯治療や予防処置はもちろん、将来の健康に大きく影響する永久歯の歯並びや噛み合わせを正しくするための指導や治療も行っています。 また、乳歯や永久歯が生え始める時期は歯質が弱くて虫歯になりやすいため、お子様の虫歯リスクの軽減が大切です。

top_p6.gif


フッ素塗布により歯の表面のエナメル質を強化し、虫歯に対する抵抗性を高めることが可能です。虫歯菌の母子感染を防ぐためには予防と治療が重要です。そのため当院ではお子様の診療だけでなく、お子様に歯磨きをさせる相談や、歯ブラシの開始時期などの質問も受けつけています。



歯ブラシで磨き残しやすく、虫歯になりやすい奥歯の溝を埋めることで虫歯を予防することができます。

予防歯科

健康な歯の維持だけでなく、治療後の歯が虫歯や歯周病などにならないように予防処置やメンテナンスを行うことが大切です。


prevention_graph.gif

生涯自分の歯を健康に保つためには治療を受けなくても済むよう予防する事がとても大切です。虫歯の発症・治療・再発を繰り返してしまうと、歯は虫歯や歯周病になるリスクを負いながら弱っていく一方です。歯科医療の先進国であるスウェーデンやフィンランドでは、20年以上前から「予防歯科」を導入し、虫歯の数を激減させてきました。 そのため日本の歯科医療も治療中心から予防中心へと徐々に変化してきています。



PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、予防のプロである歯科衛生士が行う超音波や 専用機器を使ったクリーニング処置です。虫歯や歯周病の原因となる歯石やバイオフィルム(歯ブラシでは取りづらく、 薬剤にも抵抗性がある細菌の集合体)、舌・口腔粘膜にまとわりついた汚れを除去することができます。 また、歯の表面をツルツルに仕上げることでバイオフィルムの再付着防止をはかることはもちろん、フッ素塗布による歯質の強化も行うことができます。

審美歯科

口元に自信がない、おもいきり笑えないなどのお口の悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃいます。 そのため審美歯科では、歯の機能的な回復と同時に、患者様の歯並びや歯の色などを健康な状態に戻します。 そして、患者様にご満足いただけるよう十分なカウンセリングを行ったうえで、見た目にも美しい口元を作り出します。


DSC_0316.JPGambience_arrow01_BU.pngDSC_0328.JPG

食生活や生活習慣などによる着色汚れや、遺伝や加齢による歯の黄ばみは、通常の歯みがきでは落としきれません。 当院のホワイトニング治療では、歯を削ることなく、自然な白さを得ることができます。


image-2.jpegimage-1.jpeg

光をあて、過酸化水素を活性化することで歯を白くします。歯科医院で行うため、 1回の効果が高く、短時間で負担なくホワイトニングを行うことができます。


image-3.jpeg

ご自宅にいながら簡単に歯を白くする方法です。
当院にて口腔内を清掃後、歯型をとりマウスピースを作ります。 この中にホワイトニングジェルを入れて2時間程度お口に装着します。毎日約2週間行うことにより、十分な効果が期待できます。



オフィスホワイトニングと、患者様ご自身がマウスピースの中に薬液を入れ、 家で毎日数時間装着するホームホワイトニングを併用して行う方法です。


menu5-4-1.jpg

むし歯やケガなどで失われた部分や過去に治療した金属歯を、自然の歯に近い色調のセラミックを使用し修復いたします。この方法により、本来の歯と変わらない自然な白い歯を取り戻せます。セラミックによる修復では天然歯とほとんど見分けがつかず、金属アレルギーのリスクがない治療です。



すべてセラミックでできているため、金属アレルギーを起こす心配がありません。自然な透明感や色調を持っているため、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)などとして用いることで自然な見た目を取り戻せます。 光の透過性に優れており、透明感ある美しさを実現でき、将来的にも、歯茎の変色などの心配がありません。また、天然歯と同等もしくはそれ以上の強度を持つため、しっかりと噛みしめることができます。



ラミネートベニアとは、歯を白い歯にし、形や隙間なども整えることができる治療法です。
歯の表面(0.5~0.7ミリ、エナメル質の部分)を薄く削り、着け爪のような白いセラミック製のプレートを貼り付ける方法で、とても自然に美しく仕上げることができます。



セラミックにプラスチック(レジン)を混ぜ合わせた素材です。セラミックスに比べると、審美性や耐久性は若干落ちますが、健康保険適応の銀歯やプラスチック(レジン)のクラウンに比べると優れた色調を再現することができます。

インプラント

歯を喪失した部分に人工の歯根を埋め込み、新しい歯を作ります。見た目や物を噛む感覚も、 ご自分の歯とほとんど変わりません。入れ歯があわない方、ご自分の歯をできるだけ削りたくない方におすすめです。

inp01.gif

インプラントの治療は3段階(2段階もあります)に分けて行われます。
1.インプラント(人工歯根)を歯槽骨に埋め込みます。
2.インプラントが骨と結合するのを待って上部に人工歯をつけるための土台(アバットメント)を取りつけます。
3.その上に人工歯を取り付けます。